各症状と施術例

反復着床不成功に鍼灸と漢方

Y.Cさん 37歳

Yさんは多嚢胞性卵巣症候群と診断されていましたが、卵は育ち、幾つかの凍結卵もありました。しかし、移植をしてもなかなか着床にまでは至りませんでした。

体質を改善していきたいということで、2年半前に初めて来院されたYさんは、漢方と鍼灸で治療を行い、妊娠されて無事に第一子を出産されました。

そのお子さんが1歳を過ぎた頃、お顔を見せに来てくれて本当に嬉しいひと時でした!そしてお二人目のお子さんを希望されて治療を再開しました。
18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s.jpg
産後は生理の周期が乱れて、やっと落ち着いてきたようでした。
体質は以前に比べて冷えの症状はだいぶ改善されていましたが、移植に向けて前と同様に漢方、鍼灸で体を整えていくことになりました。

お一人目をご希望されて通われた時は、3カ月程で体質が変わってきたことを実感されて妊娠しました。今回も同様に3カ月は体を整えて、それから移植をする予定になりました。

そして、治療を再開してから一度目の移植でお二人目を授かられたのです!
Yさんもご主人も、そして私も驚きました!嬉しい驚きです!

今回のつわりは前ほどひどくはなかったようで、一人目のお子さんが良く動くようになった時期でしたが体はだいぶ楽だったようです。

二人目の検診の時、お腹をエコーで見てもらった時には動き回っていたようで、「やんちゃな子かも!」と病院の先生に言われたそうです。二人の子育てを心配しながらも、とても嬉しそうなYさんでした。

今回も安定期に入る頃まで鍼灸を続けられ、漢方は引き続き服用して頂いています。
今度は2人のお子さんの元気な姿を見せてくださいね!

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ