各症状と施術例

肥満と不妊

妊娠を希望する上で体型は妊娠のしやすさに影響すると言われています。太りすぎていても痩せすぎていても妊娠しずらいことがあります。
himan.jpg
一般的にBMIは18.5~25.0が標準ですが、実際は人によって適正体重は変わるのであくまで目安にするといいでしょう。

BMI=体重(㎏)÷[身長(m)×身長(m)]

鍼灸院でも太り気味の方は特に多くいらっしゃいます。太りすぎていると妊娠しずらくなるのはもちろんですが、妊娠後も妊娠高血圧症や合併症を引き起こす可能性がありとても危険!!

太りぎみの方に多いのは、炭水化物が好き、運動は苦手という方です。

炭水化物をはじめ、糖質を過度に摂ることは太りやすくもなりますし空腹感を招きやすくもなります。お米が好きな方はもち麦と一緒に炊くなどして食物繊維を一緒に摂ると糖の吸収を抑えることができます。それと共にたんぱく質(肉・魚・卵・大豆)をたくさんとるようにしてたんぱく質でお腹を満たすようにするといいでしょう。

栄養バランスは痩せるためにはとても大切です。
体に栄養が足りていないと体はより栄養を蓄えようと食欲が増してしまうことがあります。バランスの良い食事を心がけてください。

野菜はたんぱく質以上にとった方がGOOD
根菜は糖質が多めなので摂りすぎには注意が必要ですが東洋医学上、不妊には根菜は良いと言われていますのである程度は摂るようにしましょう。
葉物野菜は多くとって大丈夫です。加熱すると多くいただけますし、体も温ますので加熱調理がおすすめです。

加工食品は摂りすぎてしまうと、加工食品に含まれる食品添加物が食品の栄養素を体に取り込むことを阻害してしまう場合があるので、加工食品の摂りすぎは要注意!

運動は苦手な方が多いですが、「運動」と気張らずに生活習慣の中に歩くことを組み込むだけでも体は変わってきます。
jog2.jpg
歩く距離や時間はご自分の体調や体力に合わせてください。できたらドキドキと心拍が少し上がる位のウオーキングを加えていきましょう。痩せる為には少しのウオーキングでも毎日続けるようにし、膝や腰に負担がかかる方はプールで歩くのがいいですね。

ダイエットはとても大変ですが妊娠を考える方は目をそらさずに向き合わなければなりません。

ストレスがたまらないように気分転換(過食以外で)をしながら続けましょうね!!

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ