各症状と施術例

最後の凍結卵でみごと妊娠

O.Hさん 32歳

Oさんは2年半ほど前に1人目のお子さんをご希望されて来院されました。ご結婚されて3年程が経ち、既に病院で治療を受けていて体外受精もされていましたが妊娠には至りませんでした。

凍結卵はあり、移植に向けて身体を整えていきたいということで鍼灸、漢方を併用されて体質改善を目指しました。

お仕事も忙しく、だいぶ疲労も溜まっているようでしたが治療が進むにつれて生理前のイライラや頭痛、お腹の冷えは徐々に改善していきました。治療が始まり3ケ月ほど経っくると基礎体温も二相に分かれるようになってきました。

Oさんも体質の改善を実感されて移植されることになりました。しかし移植の直前に胃腸炎にかかってしまい、体調が悪い状況での移植に逆にいつもより緊張なく受けられたようです。

そのおかげか陽性の判定がでました!出産までの道のりは大変なようでしたが無事に出産されたご報告を頂き喜んでいました。

そして1年が経った頃、2人目のお子さんをご希望されて再び通院していていただくことになりました。
18ab21d18272b7fd5a94cbffb944b378_s.jpg
お子さんが1歳ということで、まずは断乳からはじめていただきました。授乳をしているとホルモンバランスが妊娠には適さない状態になります。

また出産後は体質も変わり体調を崩されることも多かったようです。お仕事は産休中でしたが子育てで睡眠を十分にとることができないようでした。

再度、来院されてから2度の移植をされましたが陽性の判定は出ませんでした。6カ月が経つ頃、最後の凍結卵を移植されました。

仕事の復帰も間近で、ここで授かることができなければ仕事と病院の治療の兼ね合いが難しい状況になってしまうとお話されていました。

しかし、なんとO.Hさんは素晴らしいタイミングで妊娠されました! 子育て、お仕事、妊娠と大変だと思いますが、無理をせずお体をいたわってあげてください。

お二人目のご出産のご報告も頂けたら嬉しいです!

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ