各症状と施術例

病院の先生もビックリ!

O.Kさん 37歳

ok.jpg
Oさんは結婚されて2年、人工授精で一度は陽性反応がでたことがありましたが、なかなか赤ちゃんを授かることができず来院され、その時点では病院での検査で子宮筋腫はありましたが妊娠には影響はないだろうと言われていて、それ以外は特には問題はありませんでした。

Oさんのお仕事はデスクワークで車通勤ということもあり、日常的に身体を動かすことは殆どなかったようです。
鍼灸治療とともに養生にも取り組んでいただきました。ウォーキングされたり、ジムにも通われて体質改善に向けて頑張っていました。

1カ月もしないうちに、Oさん自身も体の変化に気づかれたようです。もともとあった浮腫み、冷え、肩こりの症状が前ほど気にならなくなりました。

病院からの勧めもあり体外受精へステップアップされ、卵を凍結することができたので体調や仕事の様子を見ながら移植していくことになりました。

途中から当院でのレーザー治療をプラスしていくことで眠りの質も変わられたようです。以前は夜中に目が覚めてしまうことがあったようですが、朝までぐっすり眠れるようになりました。

養生の基本である、食、運動、睡眠が整ってきたところで2度目の移植にチャレンジし、判定ではHCGの値が基準値を満たさず少し様子をみていましたが、医師からは「もう生理がくるでしょう」と言われていました。
その後、少量の出血が続き、病院では筋腫が着床を妨げていることも考えられるので手術をした方がいいという話しもでていました。

しかし胃のむかつきが続いていたOさんは、ご自身で妊娠検査薬を使ったところ、なんと陽性反応がでたのです!

そして病院を受診したその日に心拍確認ができました。判定日から1カ月程たっていました。

病院の先生も驚かれていたようですが、私もOさんから"妊娠しているんです!"とご報告を受けた時には"え!なんで!?"と飛び跳ねるほどに驚いてしまいました!

こんなに嬉しいサプライズは初めてです!!!

Oさんは週1回のペースで施術を1年間、そして養生にも真面目に取り組んでいました。

コツコツと努力を続けてきたOさんに起きた奇跡は本当に嬉しく、彼女自身が引き寄せたものだと思います。

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ