各症状と施術例

体外受精を勧められていたが自然妊娠!

H.Mさん 39歳

ご結婚されて1年のMさんは、年齢のことも考えて早めに婦人科を受診されました。検査の結果、子宮筋腫はありましたが妊娠には影響はなく、子宮のポリープも手術されていました。

2回目の人工授精を控えているタイミングで来院されました。病院ではステップアップを勧められていましたが、Mさんは人工授精で出来るだけ妊娠の可能性を高めたいという思いがありました。

鍼灸、漢方の併用で治療を始めましたが残念ながら2回目の人工授精では妊娠には至りませんでした。しかしMさんは東洋医学の考え方である根本治療ということを理解されて、この先ステップアップをするにしても、先ずはしっかり身体を整えることを優先されました。

2周期は病院の治療を休み、その後は新しい病院への転院を考えて説明会にも参加されていました。その間、お仕事が忙しい中でも週に一度のペースで鍼灸の施術を受け、養生も頑張っていました。

そろそろ新しい病院の予約をとり、体外受精に進もうとされていた矢先にMさんからの嬉しい妊娠のご報告がありました。

もう自然妊娠は難しいと思い、ステップアップする決意をされていた時だったので、Mさんも驚かれたようでした。

皆さんに初回のカウンセリングで体質を改善するには6カ月ぐらいをめどに考えて頂きたいというお話をしていますが、Mさんの場合は治療を初めて3ケ月が過ぎた頃の妊娠でした。

Mさんは、もともとスリムな方でつわりが始まると食事もなかなか取れず、色々と心配もあったと思いますが、それでもお仕事を続けながら無事に安定期に入り笑顔でご卒業されていきました。

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ