各症状と施術例

「気」の流れが良くなり妊娠?!

H.Rさん  42歳

Hさんは、ご結婚されてまだ1年たっていませんでしたが、年齢を考えてすぐに病院の治療を始められたそうです。
タイミング、人工授精を経て体外受精に進もうかというタイミングで当院へ来院されました。

若い頃から冷えの症状がひどく、生理痛もありましたが、病院の検査では特に問題はありませんでした。

体質チェックの結果、週に一度の鍼灸と漢方を併用し治療を始めることに。また、ご自宅でも温灸器を使い冷え対策もしっかりとされていました。

鍼灸・漢方治療を始めて間もなくの人工授精、そして体外受精でと2回の陽性判定はでたのですが、その後HCGの値が上がらず妊娠を継続することはできませんでした。
それでもHさんはいつも明るく前向きな姿勢を私達に見せてくれていました。

結婚してすぐに治療を始めたことで自然に妊娠できたのではないか、このまま病院の治療を続けていくべきなのかと考えていました。そして最終的にHさんは病院での治療はお休みすることに決めました。

そんな時、Hさんの趣味のイベントがあり、そちらに専念したいので鍼灸も1カ月ほどお休みして漢方と養生で頑張れば大丈夫かというご相談を頂きました。

好きなことに専念してワクワクしたり、楽しい時間を過ごすこも大切な養生の1つです。東洋医学の考え方「気」の流れが良くなります。

そして1カ月が過ぎた頃、Hさんから電話で「検査薬で陽性反応がでました!」と嬉しいご報告をいただきました。

ご本人も望んでいた自然妊娠ですが、驚きと戸惑いと嬉しさが入り混じっていたようです。

安定期に入るまでの心配もあったようですが無事にご出産されたと先日ご連絡をいただきました。

Hさんの明るい素敵な笑顔の先には、かわいい赤ちゃん! 目に浮かぶようです。


※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ