各症状と施術例

勇気をもって子宝鍼灸・漢方に踏み出した結果・・

N.T様 37歳 坂戸市 会社員

Nさんは2人目不妊。1人目は3年前にすんなりできたのに2人目はなかなか授かれず。年齢もどんどんかさんで焦るばかりでした。

今までは体質改善をした方がいいと思いつつもどうしたらいいのか分からずにいました。当院に来院してからは鍼灸に漢方も併用し、ご自身の生活習慣の改善にも前向きに取り組まれました。

その結果、Nさんは1カ月という短いスパンで妊娠することができました!

東洋医学の治療法では1カ月などの短いスパンでの体質改善は難しいのではないかと思っていらっしゃる方は多いですが、じつは短期間で妊娠できるケースは少なくありません。

東洋医学で不妊は身体のバランスの崩れによるものと考えます。
女性は五臓六腑の特に「腎」・「肝」・「脾」の働きにより、「任脈(にんみゃく)」、「衝脈(しょうみゃく)」という気の流れる道が作用を受け排卵や生理が起こります。

腎は「精を蔵す」と言われ、元気をもたらすところ。成長、発育や生殖に深く関わります。
肝は「血を蔵す」と言われ、血流に大きく関わります。
脾は「営(栄養)を蔵す」と言われ、消化吸収に関わり、食物から体に吸収される栄養を作り出し身体全体に送ります。

日常生活の中でこれら五臓六腑が疲弊し、働きのバランスが崩れると「気」や「血」、「水」が足りなくなったり滞りを起こしたりします。過度のストレスを受けたり疲労が続いたりすると体調が悪くなったり月経不順が起きたりするのはこの為です。

はり・きゅうや漢方では、五臓六腑の働きを助けるツボに刺激をし、その働きが正常の状態に戻るよう促します。そうすることで身体のバランスが整ってくるのです。

このバランスの崩れる程度は人それぞれ。整うのに1~2年かかる人もいれば何回か鍼灸治療しただけで整ってしまう人もいます。

Nさんは後者でした。ただ、わずかなバランスの崩れも何もしないで過ごして整うことがなければ何時になっても妊娠することもできないのです。

Nさんが勇気をもって子宝鍼灸・漢方に踏み出してくれて結果として妊娠することができた事、本当に良かったと思います。

Nさん、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ