各症状と施術例

不安や怒りが不妊の原因に?

KNさん 42歳

二人目のお子さんを希望され、人工授精、体外受精もするが妊娠に至りません。

初回来院時は運動習慣もなく食も乱れぎみ。3か月前に仕事を辞められてから家と不妊専門病院との往復の生活で気持ちが落ち込み、子育てによるイライラや疲れやすさもありました。

状態は、年齢や育児疲れによる腎気の減少の上にストレスによる気のうっ滞が出ている状態で、それに対する運動指導、食事指導と鍼灸治療を行いました。

2回目来院時、「前回話を聞いて頂いたのもあって気持ちがすごく楽になりました!」との事。

気持ちが明るくなって、おすすめした運動や食事のバランスにも気を配れるようになりました。
運動を始めたことで自信もつき、疲れやすさもなくなった様です。

不妊治療はストレスを溜めてしまいがちです。長期になれば尚更。

不安や怒りなどのストレスは気血の流れを悪くして不妊の状態を悪化させてしまう為、気分転換をしてストレスをうまく解消していくことはとても大切です。

KNさんも身近に話せる人がいない状況でストレスをため込んでしまっていました。

また辛い気持ちがあればいつでも話してくださいね!


※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ