各症状と施術例

正常圧水頭症の改善例

Yさん 66歳 女性 (大里郡)

ご家族から施設に入居しているYさんのリハビリの依頼が来たのが平成23年1月末のことでした、血栓による両足のむくみを何とかしてほしいとのご希望でした。

当初の症状としては、自力で立てない、歩行できない、両腕は動かせる、寝返りはできる、痴呆、両足のむくみ、右足首を触ると痛がるなどの症状がありました。

むくみの改善、血流を良くする事を目的に、足の指から膝、股関節、腰部、肩甲骨の関節を丁寧に動かし、座位にして、体幹、肩関節を動かす施術を1年間。2年目には腰も痛いので鍼治療をプラスしました。
鍼灸.jpg
24年7月頃には体調が良くなり、今までスプーンを口に持っていけなかったものが出来、足もよく動くようになりました。歯磨きも自分で出来るようになりました。

12月には腰もよくなり、25年2月にはなんと自分で足の運動もできるようになり、腹筋を使って体を起こしてかレンダーもめくれるようになりました!

9月には車いすから立ち上がり訓練ができるようになりました。

26年9月現在、痴呆も改善し、自立歩行1歩手前まで改善しています。

3年間にわたり施術を担当させていただき、改めて人間の自然治癒力の素晴らしさを体験できた症例です。

まさに継続は力なりですね!


※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ