各症状と施術例

3度の流産。今度こそは

Nさん 43歳。

お二人目のお子さんを希望されていましたが
当院に来られるまで3度の初期流産を繰り返していました。

年齢的なことが原因なのかな、と思いつつもこのままでは
いけないと考え、東洋医学で体質改善をしようと当院を
訪ねてこられたのでした。


よくご様子を聞いてみると看護師さんと仕事もあって生活は
不規則です。

疲れっぽく冷え性、アトピー性皮膚炎もときどき出ます。

その他いろいろと不調を訴えていました。


東洋医学での見立てでは相当にアンバランスを抱えた
状態です。

Nさんはとても一生懸命に生活改善にも取り組んでくれました。

治療を開始して5カ月がたったころとうとう妊娠(自然)のご報告を
いただきました。

でもNさんの場合、ここからが大事な時期になります!

東洋医学では安胎法という流産に対する対処法があります。
Nさんもこの方法を取り入れることにしました。

現在6週目に入ったところです。

お腹の赤ちゃんも今頑張っています!
お母さんは赤ちゃんが安心してくれるように声をかけて
あげてね、とお話しして今日はお帰りいただきました。

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ