各症状と施術例

ストレスと不妊

Sさん 女性(熊谷市)

Sさんは結婚されて8年、子宝に恵まれませんでした。1度流産され、その後数年なかなか妊娠まで至りません。

スポーツが大好きで体力はあるのですが、仕事上ストレスがとても強く、そしてもともと自律神経が乱れやすい体質で、それが大きく体調に影響していたようです。

Sさんはオ血と腎虚の傾向にあるため、それらを改善する鍼灸で周期調節法という方法ではじめました。

周期調節法とは生理の月経期、低温期、排卵期、高温期の各時期に応じた漢方やツボを使い分けることで効率よく体質改善をすすめてゆく方法です。

しばらく飲んで頂く間に次第に経血のかたまりも少なくなり、きれいな色に かわってて、体調もよくなりました。

そして3ヶ月後妊娠反応の連絡がありました!

ハリの方法を変え、以後出産までずっと妊娠中の体調を 整えるために続けていただきました。

※施術効果には個人差があります。

ページ上部へ